こうのとり療法 は妊娠体質づくりのための治療法です

こうのとりが飛んできた

2010年3月 のアーカイブ

甘いもの食べていませんか?

不妊に関するいろいろな情報を集めてみると、
「甘いもの」
を日本人がたくさん食べ始めた時期と、
ある症状の増加が大体一致しています。

その増加している症状、それは、

この投稿の続きを読む »

子宝講座 開講予定

こうのとり療法について、自分でやってみたい!

という声を多数いただいています。
そこで、今、某コミュティスクールの方と、
子宝講座の開講に向けて話し合いを持っています。

少しでも妊娠力アップのための内容にしようと、
担当者の方と内容を詰めています。

詳細が決まりましたらこちらで公表いたしますね。

プロラクチンを上げる原因は?

乳製品がプロラクチン値に影響を与えることを昨日書きましたが、
他にも原因はあります。

病気以外で乳製品と双璧をなす原因、それは

この投稿の続きを読む »

牛乳は不妊の原因?

私は北海道の生まれですから、
小さいころから牛乳が大好きです。
学生時代は1日に1リットルは飲んでいた記憶があります。

ところが、この牛乳(乳製品)を良く摂っている人は、
そうでない人に比べて「プロラクチン」というホルモン値が
高くなる傾向にあります。

この投稿の続きを読む »

「子宝マッサージ」とは

「子宝マッサージ」とはどんなマッサージなんでしょうか。

「子宝マッサージ」とは私たちの院長、山田光敏先生が開発したマッサージ法で、
1994年から行っている歴史と実績のある技術です。

子宝マッサージは基本、お腹に対する施術ですが、 実際には、
・動脈循環のコントロール
・静脈循環のコントロール
・リンパ循環のコントロール
・腸内ガスの吸収の促進
・骨盤底筋群や腸腰筋に対する緊張コントロール
といった様々な事を行っています。
単に血流の改善ではなくて、動脈と静脈を分けて考えるのには理由があります。
例えば、強い誘発を行っていると充血が起きますので、
そういった時には静脈循環の改善が必要になるといった、
動脈/静脈の作用の切り替えが必要になります。
また、腹部のガスは卵の質や着床などに対してマイナスに働きますし、
腹部内の筋肉の緊張バランスは血流に大きく影響を与えるだけでなく、
卵の成長にも関与しています。

ですから、単なるお腹のリンパマッサージや腸もみと違い、
臓器の位置や血管の位置などを的確に把握し、
お腹の状態を正常化するための技術が必要です。

子宝マッサージの施術者は解剖学の専門家で、
厚生労働省認可の専門学校で2年間解剖学を教えており、
また文部科学省認可の大学で骨盤講座も30期以上、受け持っています。
もちろん多くの実績があり、 年間200人弱もの方がこの子宝マッサージを受けて、 子宝を授かっています。
また、マッサージだけでなく、 家庭で行う、
・子宝ストレッチ
・子宝きゅう
・基礎体温コントロール
といったものや、 どうすれば妊娠しやすくなるかといった生活指導も行っております。
特に基礎体温は大切ですので、 基礎体温表は毎回、確認させていただいております。
こういった細かな指導を行っていくことによって、 子宝マッサージの効果を高め、
妊娠しにくいとされている方々も多く妊娠されるのです。

一人でも多くの方にこうのとりが微笑んでくれるよう、
頑張っていきたいと思います。

※ 「子宝マッサージ」「子宝治療院」「こうのとり療法」「基礎体温コントロール」などは、
当治療院の持つ登録商標です。

子宝マッサージはお気軽に東京ボディセラピストサロンにご相談ください。
山田光敏の子宝マッサージ&子宝はり

新刊のご案内

『ツボ&リンパマッサージ』という本を監修しています。

この本は、“不妊兆候”と呼ばれるものを、
自分で解消するための方法を満載いたしました。
お陰さまで非常に人気が高く、2月に発売して、
既に重版が決定いたしました。

多くの方の何らかの一助になれば嬉しく思います。

これからも宜しくお願いいたします。

はじめまして!


妊娠~産後、そして赤ちゃん専門の
「子宝治療院」といいます。

少しでも皆様にとって有益な情報を
紹介できればと思いブログを開設いたしました。

これから少しずつですが記事を投稿してまいりますので、
よろしくお願いいたします。